佐賀広域消防局

  • 広域連合のページへ
  • 介護保険のページへ
  • 広域消防のページへ
  • 佐賀広域消防局トップ
  • 消防局全般
  • 火災予防・災害対策
  • 救急情報
  • 試験・講習会
  • 申請・届出
ホーム>佐賀広域消防局>火災予防・災害対策>暮らしの安心情報>台風や地震に伴う通電火災にご注意ください!

台風や地震に伴う通電火災にご注意ください!

 台風や地震などの自然災害により、大規模かつ長時間に及ぶ停電が発生した際に、停電復旧後の再通電時に出火する、いわゆる「通電火災」が発生するおそれがあります。

 また、住民が避難所等へ避難している場合は、出火時の初期消火が行えないといったおそれがあります。以下のことに注意して、通電火災を防ぎましょう。

通電火災の主な原因

風水害発生時

・浸水や雨漏りによる、電気機器の損傷により、再通電時にショートして発火する。


・コンセントに水分が付着し、再通電時にショートして発火する。

地震発生時

・転倒したヒーターに可燃物(カーテン、じゅうたん等)が、接触した状態で再通電し着火する。


・再通電時に発生した電気的火花が、漏れ出たガスに引火して爆発する。


対策

停電したら

・停電中は電気機器のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから抜く。


・停電中に自宅から離れる際はブレーカーを落とす。

給電が再開されたら

・浸水などにより電気機器が破損していないか、配線やコードが損傷していないか、燃えやすいものが

 近くにないかなど、十分に安全を確認してから電気機器を使用する。


・長時間経過した後、火災に至る場合があるため、煙の発生などの異常を発見した際は直ちにブレー

 カーを落とし、消防機関に連絡する。

日頃からの備え

・漏電ブレーカーや感震ブレーカーを設置する。


・暖房器具は安全装置付きのものを使用する。


・部屋は整理整頓を心掛け、家具等の転倒防止を行う。


このページに関するお問い合わせ

佐賀広域消防局 予防課 査察係

電話:0952-33-6765

ページトップへ戻る

Copyright© 佐賀中部広域連合. All rights reserved.