佐賀広域消防局

  • 広域連合のページへ
  • 介護保険のページへ
  • 広域消防のページへ
  • 佐賀広域消防局トップ
  • 消防局全般
  • 火災予防・災害対策
  • 救急情報
  • 試験・講習会
  • 申請・届出
ホーム>佐賀広域消防局>火災予防・災害対策>消防法令関係>違反対象物公表制度についての概要

違反対象物公表制度についての概要

平成29年4月1日から重大な消防法令に違反している建物を公表する制度が始まりました

公表制度とは
建物を利用する方が、自ら利用する建物の危険性に関する情報を入手し、その建物の利用について判断できるよう、消防が立入検査の際に確認した重大な消防法令違反のある建物を、消防局ホームページで公表する制度です。

このような建物が対象です!

不特定多数の人が利用する建物

飲食店、物品販売店、ホテルなど

火災時に人命危険が高い建物

病院、社会福祉施設など

このような違反がある場合、公表します!

以下の設備が「未設置」または「機能不良」

  • 屋内消火栓設備
  • スプリンクラー設備
  • 自動火災報知設備

公表の内容は?

  1. 建物の名称(※)
  2. 所在地
  3. 違反の内容
  4. 公表日

※建物の店舗等のみに違反が生じた場合は、店舗等名も公表します。

建物関係者の方へ

重大な消防法令違反の大半が無届の増築や接続です!
建物の増改築、用途変更等を計画する際は、事前に相談しましょう。


このページに関するお問い合わせ

佐賀広域消防局 予防課 査察係

電話:0952-33-6765

ページトップへ戻る

Copyright© 佐賀中部広域連合. All rights reserved.